植える前に読むべき植毛の評判をまとめました

HOME » 薄毛対策の手引書 » 治療薬の効果のほどは

治療薬の効果のほどは

塗り薬のリアップ(成分名ミノキシジル)や、飲み薬のプロペシア(成分名フィナステリド)の治療薬の、薄毛に対する効果はいかほどのものでしょうか。薬のメリット・デメリットを見ていきましょう。

リアップやプロペシアって効くの?

【メリット】
自分の髪の毛を太く育てる事ができ、費用の負担も少ない事から一番手軽に試す事のできる抜け毛、薄毛対策であることが大きなメリットです。

私もそうですが、髪の毛の悩みをもったことのある人ならば一度や二度購入したことがあるはず。
そういった方なら分かると思いますが、薬局などに行けば簡単に沢山の種類のものを手に入れることができるのです。

処方薬であるプロペシアなどは、医師の処方箋が必要ですが、サロンに通ったり手術をすることに比べれば比較的手軽にはじめることのできる治療であるといえるでしょう。

【デメリット】
デメリットは、効果がひとそれぞれである為、全く効果の出ない人もいるということです。

抜け毛などの進行を遅らせる効果が中心のものもある為、効果を実感できない場合もあるようですが、基本的に増毛や発毛の効果は薄そうです。

また、副作用の問題もあります。
素人では薬効のよくわからないものや、肌に合わないものなどが配合されている育毛剤などをしようしていると炎症やかぶれなどさらなるダメージを与えてしまい、余計に状態が悪くなる事もあるそうです。

植毛と組み合わせる事で効果が上がることも

プロペシアやリアップで効果が得られなかった人でも、自毛植毛手術と組み合わせる事で、飛躍的な効果がえられることもあるそうです。これは、皮膚科学会でも研究発表されていることなので、信頼度は高いでしょう。

薬剤で効果があらわれなかった人の次のステップとして、植毛という方法を選択するのがベストかもしれません。

 
植毛クリニックの評判「本当のトコロ」ガイド